保険サービス認定士について

保険のプロとしての「気づき」や「気遣い」に溢れるお客様対応や、アフターフォローなど、
お客様の安心に貢献できる質の高い保険サービスを提供できるスペシャリストです。

保険がある世界

病気になって働けない時は、パートナーが亡くなった後は、年を取って寝たきりになったら、どうしよう。もし保険が無かったら、日々の生活には、不安が溢れていることでしょう。

保険があるから、安心して子供を産んで育てられるし、ローンを組んで家も買える。趣味を楽しむこともできる。保険があるからこそ、今を安心して暮らすことができる。

そんな大切な保険を、少しいい加減に考えてしまう人もいます。「勧められて入ったので、内容はわからない」「保険料が安かったから加入した」など。平穏な生活の中では、保険の大切さを実感できないかもしれません。しかし、その平穏を支えてくれるのも、保険であることに気づいて欲しい。

保険はとても大切なもの。それをお客様に「気づかせる」のは、保険に携わる人の役割ではないでしょうか。

保険がある世界

いちばん大切なこと

きちんと保障を持つために、一番大切なこと。それは、お客様自身が本気で考えることではないでしょうか。

保険の役割は、万一の際の経済的な保障だけではありません。日々の安心を実感させてくれることでもあります。

「自分にとっての安心は?」それは他人にはわからないし、自分や家族の人生をも左右する重要なテーマであるはずです。

「どんな保険に入るか」以前に、自身の立ち位置や責任、将来の夢や不安について、 真剣に向き合っていただくことが大切だと思いませんか。そうして本気で考えられたお客様は、その先新たな不安が生じても、人任せにしたり、先送りしたりすることなく、安心が継続していくはずです。

保険はお客様が主役。それに「気づかせる」のも、保険に携わる人の重要な役割ではないでしょうか。

いちばん大切なこと

人の役に立ちたい

「人の役に立ちたい」そう思い保険の仕事を選んだ人は、多いのではないでしょうか。しかし、多忙な日々を過ごす中、いつの間にか保険の募集活動に終始していませんか?

保険で困っている方は、たくさんいらっしゃるはずです。例えば、契約内容の変更や更新など、煩雑な手続きにお困りのお客様。例えば、保険金を請求されるお客様。「病気やケガをされた」、「大切な家族を亡くされた」など、精神的にも経済的にも支えが必要となる時です。

目の前のお客様が本当に困っている時こそ、できる限りのお手伝いをして差し上げたい。保険のプロだからこそ気づけることや気遣えることが、必ずあるはずです。

そうしたお客様フォローを、絶え間なく続けていくこと。それも保険に携わる人の大切な役割ではないでしょうか。

人の役に立ちたい

保険サービス認定士とは

保険に携わる人の役割は、きちんと保障をお持ちいただくお手伝いをすること。そして、その安心がずっと続くように、お世話させていただくことではないでしょうか。

そのためには、「きちんと保障を持つことの大切さ」や「自らが本気で考えることの大切さ」について、お客様に気づいていただくことが重要だと考えます。

しかし、それは簡単なことではありません。どんなに感情を込めて伝えても、また、どんなに論理を尽くして説明しても、それはこちらの考えに共感いただく行為だからです。必要なのはお客様自身に答えを導き出していただくことであり、そのお手伝いをするのが、保険サービス認定士の役割です。

認定士を目指し学んでいただく内容の一つとして、「お客様のとらえ方」があります。例えば、「保険の相談をしたい」というお客様をどうとらえるかです。「保険に入りたい人だな」と思えば、保険の提案で終わる。「安心されたい人だな」と思えば、お手伝いできることは無限に広がる。

どんな出会いも、プロとしての「気づき」や「気遣い」に溢れる「質の高い保険サービス」を提供できる。それが保険サービス認定士なのです。

保険サービス認定士とは

保険サービス認定士資格

保険サービス認定士
保険サービス認定士
保険のプロとしての「気づき」「気遣い」に溢れるお客様対応や、アフターフォローなど、お客様の安心に貢献できる質の高い保険サービスを提供できるスペシャリスト。

3日間の研修を修了後、「保険サービス認定士検定試験(筆記試験)」に合格された方に「保険サービス認定士」資格の授与と、認定証の発行をいたします。

随時、セミナーを開催しています

生産性を高めるカギは、お客様のとらえ方にある
「ケースで学ぶ新しい顧客対応」

無料予約制/各回定員20名